上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
graduation 062

2009年12月15日。

graduation 023

無事に卒業しました!!!!!!!!!!!!!!!


家族は誰よりも私の見方でいてくれて、
離れててもつながってくれてるみんながいてくれて、
自分にはいつでも帰れる場所がちゃんとあったから、
ちょっとずつだけど確実に前に進むことができました。

ありがとうーーーーーーーーーー!!!!!!

みんな「おんなじ空の下」
これは、自分にとっての励ましでもありました。
3年半を振り返るといろんなことがありました。

楽しかったことも、悲しかったことも、
腹がたったことも、嬉しかったことも、
寂しさに打ちひしがれたことも、

今は都合がいいぐらいに

「楽しかった」

って記憶しかないです。笑


きっと、いい出来事も悪い出来事も、
全て受け入れられてるんじゃないかな。
全部いい意味で今の自分に活きてると思うから。

マイナスの事がなかったら、
自分はどれだけ傲慢な人間になってたかって思う。

マイナスの事があったから、
自分はたくさんの支えとか大切なものに気づけたし
そこから学んで成長できることがいっぱいあった。

だから全てが今の自分にあるべくして
起きた出来事なんだってほんとに実感できる。



graduation 058

このおじいちゃん、今回の卒業生の最高年齢76歳。
これから南アフリカに行ってまだ仕事続けるって。
定年はとっくに過ぎてるのにも関わらずかっこいい。
ちなみに、最も若い卒業生は20歳。


私はアメリカ人の年齢にとらわれない姿勢がとても好き。

クラスにはおじさんおばさんいるの当たり前だし、
同い年の子も、正社員で働きながら大学生してるし、
インターンシップとかボランティアとかがしがしやってるし。

もちろん学歴社会ではあるけど、でもそれ以上に学ぶ姿勢がとても強い。

学びたい人は受け入れられるこの社会。
頭がついていけなかったら、自分のレベルから始めればいい。
やりたくなかったら、別にやらなくていい。
全てが自己判断と自己責任。


2010年はどんな1年になるのかな。
楽しみです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yuko0424.blog67.fc2.com/tb.php/522-bb72b313
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。